子供の成長と鉄分の関係性

子供の身長を伸ばしたいときにすすめられる栄養素はタンパク質やカルシウムなどがあります。

子供の身長が伸びるという現象は骨が伸びるということ。ですので、骨の生成に必要なこれらの栄養が重要なのはわかります。

同じように子供の成長に重要だと言われる栄養素に鉄分があるのですが、この鉄分は何の役割があるのでしょうか。


子供の成長と鉄分

子供の成長に、鉄分はどのような働きをするのでしょうか。

鉄分というと、血液を構成する要素というイメージがありますよね。鉄分はたんぱく質と結びついて血液中のヘモグロビンとなって酸素を全身に運びます。

子供が成長するためには、血液から成長に必要な分の栄養と酸素を受け取らなければ成長することは出来ません。

ですので、成長期に貧血となってしまいますと、子供の身長を伸ばす妨げとなってしまうのです。


子供の成長に必要な鉄分の量

相対的に食べる量が少ない幼児期の子供は、理想とされる摂取量は少ないですが、成長期に必要な鉄分の量は、大人以上です。

鉄分の理想的な一日の摂取量は、具体的には、以下のようになります。
・6~11ヶ月:(男)5mg (女)4.5mg
・1~2歳:(男)4.5mg (女)4.5mg
・3~5歳:(男)5.5mg (女)5mg
・6~7歳:(男)6.5mg (女)6.5mg
・8~9歳:(男)8mg (女)8.5mg
・10~11歳:(男)10mg (女)14mg
・12~14歳:(男)11.5mg (女)14mg
・15~17歳:(男)9.5mg (女)10.5mg
・18歳~:(男)7mg (女)10.5mg

女性の方が、月経があるために男性よりも多く鉄分は必要とされます。

女の子で多いのが、『月経が来ると身長の伸びが遅くなる』という現象です。これは、確かに身長が伸びやすい時期は月経の前までと言うのもあるのですが、鉄分不足のために余計に伸びが悪くなってしまっている子供も多いと言われています。

子供の成長を促すためにも、鉄分は積極的に摂りたいところですが、その食材も限られていて中々とりづらいというのも現状のようです。鉄分を多く含んでいて貧血に良いと言われる鶏のレバーですと、10gで0.9mgですので、これだけで一日分の鉄分を摂取しようとすると10歳以上の成長期の子供は100g以上も食べなければならなくなります。

毎日となると作る方も食べる方も辛いですよね。

レバー以外にも鉄分が多く含んでいる食品を知って、毎回の食事で少しずつ摂取するか、簡単に摂取できるサプリメントを利用するのも良いと思います。


鉄分摂取のためのおすすめ食材

それでは、鉄分を多く含んでいる食材にはどういったものがあるのかを簡単にあげさせてもらいます。

それは、
・レバー
・赤身の肉
・魚介類・小魚

です。

野菜や海藻等の鉄分の含有量も比較的多いものもありますが、動物性の食品の方が体への休風率が野菜などよりも5倍も高いということが分かっています。

子供の成長に必要なたんぱく質を摂ることにも繋がりますので、子供の身長を伸ばしたい場合にはこういった食材は積極的に摂るようにしましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ