子供の体格でお悩みの方へ

子供の体格について悩んでいる方は少なくありません。

具体的には、
「ぽっちゃりで…。」
とか
「子供の身長を伸ばしたいのだけど…。」
とかいった悩みですね。

そんなお悩みを抱えている方、もしかすると日常生活を改善するだけで解決するかもしれませんよ。


遺伝?日常生活?子供の体格を決めるもの

子供の体格は何で決まるのでしょうか。

身長が高い親から生まれた子供はやっぱり身長が高いですし、がっしりとした体格の子供の親を見ると恰幅が良いという時はままあります。

「だったら遺伝だけで体格はきまるのか?」
と問われましたら、答えはNOです。

なんと、子供の身長については25%程度、体重については30%程度しか遺伝による影響はないのです。

それでは何が最も影響を与えているのかと言いますと、ずばり日常生活です。

「また日常生活を改善しろっていう話か。」
とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、遺伝という先天的なもので全て決まっているよりは、後天的に努力することで体格を変えることが出来るのなら、
「ちょっと頑張ってみようかな。」
と思いませんか。


子供の体格の悩みを改善する方法

子供の体格の悩みを改善するのは、一言で言ったらとても簡単です。

それは、“成長ホルモンを上手く利用すること”です。

成長ホルモンと言いますと、身長を伸ばすホルモンというイメージがある方は多いと思います。

その通り、成長ホルモンには子供の身長の伸びを促進させる効果があります。その他にも、

・代謝の促進
・筋肉の修復の促進
・バストの成長
・病気への抵抗力を上げる
・疲労回復

といった働きを行うのが成長ホルモンなのです。


成長ホルモンを上手く利用するには

代謝を促進して筋肉もつけられて痩せやすくなることでぽっちゃりも解消できますし、身長も伸ばせますので、体格にお悩みの方にはまさに夢のようなホルモンですが、どうすれば上手く利用できるのでしょうか。

その方法が、先に述べた日常生活の改善にあります。

具体的に気をつけるのは、『食事』『睡眠』『運動』の3点です。


食事

食事については、まずはたんぱく質やカルシウムや亜鉛などのミネラル、ビタミン類(特にビタミンB類やD、K)をバランスよく、3食摂るようにしましょう。これらが成長ホルモンが分泌された時に体を作る素となります。

そして、成長ホルモンの分泌を促進させるアルギニンという非必須アミノ酸を摂るように意識をしてください。アルギニンは大豆製品やお肉、魚介類に多く含まれています。

カロリーの摂りすぎが気になったり、少食で、という場合には、成長ホルモンの働きを促進させるサプリもありますので、こちらを利用してみてください。ダイエットのサプリに抵抗があっても、身長を伸ばすためのサプリならあまり抵抗もなく摂取できるのではないかと思います。


睡眠

睡眠についてはまずは質が良い睡眠がとれるように心がけましょう。成長ホルモンは質が良い睡眠のときに活発に分泌されます。

具体的には、入眠前に頭や目を酷使しないこと、カフェインの摂取を控えること、筋トレをしないこと。代わりに深い呼吸をしながらストレッチを行うととてもリラックスした状態になり眠りの質を向上させることが出来ます。

成長ホルモンは夜間21時くらいから24時くらいまでの夜の浅い時間帯や2時から5時までの深夜から早朝にかけての時間に最も活発に分泌されます。この時間帯に眠っているように心がけましょう。


運動

中々、運動というと抵抗がある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、運動をはじめて15分くらい経つと成長ホルモンが分泌されることが分かっています。そして、運動を止めてからも3時間くらいは成長ホルモンがずっと分泌されている状態になります。

つまり、20分くらい運動をするとその後3時間はずっと成長ホルモンが働いてくれるのです。これは、正直美味しいですよね。

運動と言っても、軽いウォーキングやジョギング、自転車などでも良いですし、腹筋やスクワットなどの筋トレでも十分効果があります。無理にハードな運動をしなくても良い(むしろハードな運動は逆効果)ということは覚えておいてください。


まとめ

ここでは、『子供の身長を伸ばしたい』『ぽっちゃりを改善したい』といったような体格についてお悩みの方の解決策をご紹介しました。

成長期の子供で、これらの悩みを解決するのに役に立つのが成長ホルモンです。

成長ホルモンを効果的に利用するためには日常生活を改善することが重要です。

そんなに仰々しく構えなくても簡単に実践できますので試してみてください。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ