子供の身長を伸ばす食事の摂り方やメニュー

子供の身長を伸ばしたい時に注目したいのが『睡眠』『食事』『適度な運動』です。

ここでは、その中でも『食事』についてお話したいと思います。


子供の成長における食事の役割

当たり前ですが、人間の体は食事によって作られます。

その食事は、子供の成長にも欠かせない原料。

身長を伸ばすのに役に立つミネラルやたんぱく質、ビタミン類といった成分は食事からしか摂取できませんし、よく食べることでよく活動でき、よく活動できることで質の高い睡眠を得ることが出来ます。

この活動や睡眠が子供の身長を伸ばすのにはとても大事なキーになっており、成長ホルモンは運動中や睡眠中に多く分泌されることが分かっています。

ですから、しっかり食事を食べて栄養を摂取し、健康的な生活リズムを作ることがとても重要になるのです。


子供の身長を伸ばす食事の摂り方

子供の身長を伸ばしたいとお考えの方は、まずは食事の摂り方や摂取する栄養について考えてみましょう。


朝食

まずは朝食です。

朝食は夜間に使ったエネルギーを補充し、体温を上げて活動を活発にする効果があります。昼食や夕食も含めて一日で最も栄養を摂取しやすいご飯であるのと同時に勉強や運動に使うエネルギーを補充する役割もあります。

朝食をしっかり食べる子は食べない子よりも成績もよくなり、成長も早いと言われています。

そんな朝食ですが、一日に必要な栄養素をバランスよく摂取することに注意しましょう。

特に摂取したいのは、
・卵や豚肉からたんぱく質やビタミンB群
・大豆製品からたんぱく質やアルギニン
・野菜から各種ビタミン類やミネラル
・果物からビタミン類
・乳製品からカルシウム

といったものです。

朝食は夕食とは異なり、多少消化に時間がかかっても問題ありません(むしろお昼までエネルギーが持たなければなりません)ので、しっかりと食べましょう。1日のうちに摂取しづらい栄養がある食品もここで取り入れると良いでしょう。


昼食

昼食も朝食と同様に栄養バランスをしっかりと考えるようにしましょう。揚げ物やパスタなど、油っこいものや消化に悪そうなものをどうしても摂取したい場合は昼食で摂取するのがおすすめです。

お昼が給食の場合は栄養士さんがバランスの良い献立を作ってくれているので、出来るだけ残さないように食べてもらいたいですね。どうしても味が合わずに残してしまったものがあるなら、ちゃんと聞いて夕食や次の日の朝にその栄養を補えるような食品を出してあげられるようにしましょう。


夕食

夕食は、体作りに必要な栄養素や疲労回復に必要な栄養素を摂取するように心がけましょう。

どういった成分を摂取すれば良いかと言いますと、たんぱく質やたんぱく質の合成に必要なビタミンB2、細胞や組織を合成する役割を持つ亜鉛などの栄養を積極的に摂取するようにしてください。

また、夕食では眠りにつくときまでに胃の中のものがきちんと消化されているかどうかがポイントになります。胃にものが残っていない時の方が眠りの質が高くなるので成長ホルモンがより分泌されるようになるのです。

ですから、基本的には油ものや脂質の多い食事は避け、消化に良いおかずにするようにしましょう。それにご飯や汁物、サラダなどのさっぱりめの副菜をつけるようにしてください。

塾やご両親の仕事の都合で夕食が19時以降になってしまうなどの場合は、睡眠までの時間があまりありませんので消化しやすい水分の多い主食(うどん、そば、リゾット、雑炊など)を選ぶようにしましょう。


まとめ

子供の身長を伸ばすには、食事や睡眠、運動が重要です。
特に、食事に関しては、子供だけではなく親の毎日の地道な努力が必要になります。

ですが、どんなに頑張って栄養バランスが良い食事を作っても食べてくれないということもしばしば起こりますよね。

そんな時は食べてもらうように食育するのも重要ですが、サプリメントで手軽に栄養を摂取するようにするのもおすすめです。

成長の必要な成分を効率よく摂取できますので、全く食べないよりもはるかに変わってきますよ。

今はドリンク型だったり小さなカプセル型だったりで子供も飲みやすいサプリメントも多いですし、味もフルーツの味がついていたりと大人も食べたいくらい美味しいです。

サプリメントは栄養補助食品ですので、普段の食事に付け加えるようにしてあげてくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ