子供の成長を促すためにおすすめの習い事とは?

子供の習い事、たくさんあって迷いますよね。水泳やスケート、体操にダンス、格闘技も格好良いですし、スポーツ少年団に入るのも楽しそうです。

そんなたくさんの習い事の中でどれを選ぼうかと迷っている方は大勢いらっしゃいます。

ここでは、そんな数多くある習い事の中で子供の身長を伸ばしたいときにおすすめの習い事をお伝えしたいと思います。


子供の身長を伸ばす習い事の条件

まずは、子供の身長を伸ばす効果がある習い事の条件について考えましょう。

その条件は、
・持久力か筋力か、またはどちらもが必要になるスポーツ
・日光に浴びるトレーニング

ということです。


持久力か筋力か、またはどちらもが必要になるスポーツ

持久力か筋力か、またはそのどちらもが必要になるスポーツを選ぶ理由は、成長ホルモンの分泌を促すためです。

成長ホルモンは、ジョギングのよぅな有酸素運動の時には体内に溜まった一酸化炭素を解消するために、筋力を使って乳酸が溜まりますとその乳酸を解消させるために分泌されることになります。

成長ホルモンが分泌されることで体の疲れは解消され、その付近の筋肉や骨にも影響を与えると考えられています。

そのため、持久力か筋力か、またはそのどちらもが必要になるスポーツは子供の身長を伸ばしたいと言う時にはおすすめです。


日光に浴びるトレーニング

日光を浴びるトレーニングを選びたい理由は、カルシウムの吸収に必要な栄養素、ビタミンDの生成に効果的だからです。ビタミンDは食事によって摂取できる量は微量で、ほとんどが紫外線に浴びることで体内にて生成されます。

一日に必要なビタミンDの生成には、冬場の関東では紫外線に20分程度当たれば生成できるということが研究でわかっています。

この最低20分程度の時間を日光に浴びられるような環境(たとえば通学や遊びなど)にいるのであれば、わざわざ日光を浴びるようなトレーニングは選ばなくても良いと思いますが、日光に浴びる時間が足りていなそうな場合には習い事に組み込むことも一つの手段になります。


おすすめのスポーツは?

以上の2点を踏まえて子供の身長を伸ばしたいときにおすすめしたい習い事を探したところ、水泳や陸上などの屋外で行う全身運動のスポーツが最もおすすめしたいスポーツになります。

これらのスポーツは、身長が高い方が有利なスポーツです。実際にプロの選手にも高身長なプレイヤーが多いので、子供自身が身長を伸ばしたいとより望むようになり、食事や睡眠の教育もしやすくなります。

他にも、瞬発的な力を使うテニスや持久力が重要になるサッカーといった屋外競技もおすすめしたいスポーツです。

反対に、バレーやバスケットのように屋内で行うスポーツは身長が高くなるというイメージがありますが一日に浴びる日光の量を考えると上記のスポーツ程魅力的ではありません。

ただ、日光量の問題さえ片付けば、瞬発力も持久力も必要になるスポーツで、高身長のプレイヤーが多いスポーツになりますので、子供の身長を伸ばすのに効果的な習い事になるでしょう。


習い事を選ぶときの注意

習い事を選ぶときに、子供が続けられるものかを考えて悩んでいる方は多いと思います。子供の興味に合ったものを選んだと思っても、中にはすぐに目移りしてしまうのが子供。

『継続は力なり』という言葉もありますし、出来る限り長く取り組んでほしいと思う親御さんは多いと思います。ですが、スポーツの習い事に関して言えば、プロにならない限りは、たくさんの種類の運動を行うことは推奨されることなのです。

なぜなら、たくさんの種類の運動をすることで、12歳までの子供の運動神経は向上していきますし、興味を持って取り組むことでストレス発散にもなるからです。一つの種目に限定せずに、子供の興味が赴くまま、たくさん経験をさせてあげるというのも良い事なのです。

子供の身長を伸ばしたいときには、習い事によるトレーニングの頻度も重要になります。週に一回きりで他の日は全く動かないというよりは週に2、3回はある方が、スポーツをする習慣が付きやすく、子供の健康的な成長にも繋がっていきます。

子供が自己管理できるまでの期間は、運動をすることにコーチや仲間がいるというのはとても重要になります。ですから、スポーツ系の習い事は、出来ればひとつは子供のために取り入れてあげたいところですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ